2009年の欧州議会選挙で、フランスで「ヨーロッパ・エコロジー」 などの環境派が最大野党として社会党と肩を並べたと報じられています。下に訳 出した文 はフラ ンスの小さな町カルージュのマルシェで配られていたチラシとして会員の竹中様からお送り頂いたものです。「反成長」の党の得票については不明です が、環境派の一つとして、考え方は参考になると思います。 
 他の参考記事(ルモンドディプロマティク日本語・電子版)http://www.diplo.jp/articles09/0908-4.html 但 し,ここで用いられている訳語「縮退」は「反成長」に比べて具体的でなく印象が悪い。

     

欧州の反成 長 ( DECROISSANCE )

「他人も単純に生きられるよう、もっと単純に生きよう」ガンジー

 有限世界での無限成長は道理に反する。反成長とは何か?
 反成長は先ず「成長と消費社会」を問題にする。資本主義、リベラリスム、ウルトラリベラリスムなど最良の道具を駆使して「成長社会」は、環境、社会、経 済、文化、政治。人道など全ての面で深刻な危機をもたらしている。
 反成長とは全ての成長に反対することではなく、偽りの失われた幸福へ後戻りすることでもない。それは「成長社会」の破壊的仕組みから脱出するための方向 転 換の分岐点を意味する。
「成長社会」の仕組みの社会的、環境的な問題は、周辺的な個別要素の調整や個人的な努力だけでは解決できない。我々の未来を危険にするこの方式を変えるこ とが出来る政治的計画を提案するため市民が集合する必要がある。

危機か変貌か?
 今日の問題を只の「危機」と信じさせることは知的に不誠実である。「危機」と言う言葉は現在の問題が一過性に過ぎないことを意味するからである。我々が 直 面する問題は一過性でない。もう30年も危機は続いており、「成長社会」の本質が危機である。反成長の考えは、まさにこの「成長社会」への不条理な執着を 問題にすることである。
その理由は
▶この「成長」は持続不可能である。今日、全人類が欧州人のような生活をするためには、少なくとも地球が三つ必要である。成長モデルは一般化が不可能で考 え直さねばならない。
▶この「成長」は非常に不平等である。人類の20%が自然資源の80%を使い、少数の者が自分に役立つ成長が有益だと吹聴している。
▶この「成長」は幸福をもたらさない。30年間で国内総生産は60%増大したが、失業率倍増、社会不安、社会不平等、気候変動、資源枯渇、公衆衛生悪化、 暴力増大など、状況は悪化を続けている。
▶この「成長」は、分かち合い、共同、社会生活、人間関係、自由時間、より良い生活、世界の美化など我々の基本的要求に応えない。

生活の新しい尺度を見出すため今こそ速度減少の時であ る。
 人間が単に生産者・消費者の対ではないことを理解する時である。
 経済的効率でなく、市民の幸福を、全ての政治的行動の核に据える時である。
 我々の生活の意味を考え直し、革新し、新しい社会総体を作り始める時である。より良く生きるため自由時間と友愛が必要だが、より良く知り、議論し、政 治・ 社会生活に参加しなければならない。
 我々の社会的選択を政治や指導者の意に任せておくべきでない。

我々に何が出来るか?
●全人への生活保障
 社会的要求を民主的に再定義する:食料資源、住宅、保健、教育,交通などは商品組織と別に扱うべき基本的要求である。欧州住民による最低収入を確立し、 同 時に平等性低下を防ぐため最高収入も決める。
●質素な社会に向かって
 省エネ計画、交通を制限するため諸活動の再配置、農業改革、使い捨てから長持ちへの転換、汚染許可限度の縮小などで、我々の生活様式を質素にすることか ら 新しい均衡を作ることが、過剰消費で人類全体に大きな害を与えている欧州の責任である。
●自主管理で民主主義を強化する
 知的自立性を強化するため教育を考え直し、メデイアを改革して多国籍資本やロビーストから守り、過剰消費・フラストレーション・嘘の一般化を生む広告を 制 限するなど、市民を利害軋轢やロビーストから保護して、市民が民主生活に参与し、公共議論に加われるようにしなければならない。
●研究や科学に新しい方向を与える
 真面目で独立した成果評価により技術科学研究に執行延期令を出せるようにし、多国籍企業のためでなく、市民に真に役立つ研究に向かって方向を転換する。
●核時代からの決定的脱出
核爆弾や原子力発電使用の結果が持つ潜在的災害は周知のことで、この危険を冒す価値はない。出来るだけ速く核使用を止め、再生可能エネルギーや省エネル ギーを進めねばならない。
●自動車時代からの脱出
我々の社会は車と道路交通の上に構築され、石油という再生不能エネルギーに依存する。更に、全人が個人的な車を持つ形は、汚染、騒音、道路網など我々の生 活の質に大きな影響を与える。自動車産業の再転換が必要で、公共交通や徒歩や自転車による優しい移動手段が優遇されねばならない。
●欧州を越えた地球的計画
 世界通商機構、世界通貨基金、世界銀行など富裕国が世界を支配する道具を解体して、もっと正当な新しい国際関係を作り、市民に密着した欧州組織を作り、 上 記の動きを地球全体に広げねばならない。

今こそ、個人、協同、政治レベルで行動しよう!
 欧州を自発的で透明な反成長の成功例とするためのこの自主運動にご参加下さい。これは投票用紙でも政見表明書でもありません。投票用紙はインターネット サイト www.eurodecroissance,eu で取得できます。